松岡モータース

お客様ひろば

スタッフブログ

川柳大喜利 第7回 総評
2017年4月3日

皆様、長い間不具合でご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。

それでは、改めまして第7回川柳大喜利についてお送りいたします。

お題は「初〇〇」でした。

年の締めくくりから明けてすぐに

みなさまの作品を堪能させていただきまして、

なんだか私も年明けを満喫した気分を味わうことができました。

では今回も応募作品の傾向について 述べさせていただきます。

①「お正月」

年の瀬は初売り、初詣、親戚知人とのご挨拶など

とにかくイベントで賑わいますね。

そこで、時の経過や家族との距離感の移り変わりなど、

色々と感じる出来事も多く、

そんな思いのこもった作品が多数集まる人気ジャンルなのでした。

興味を引く事件の内容や、

インパクトを与える表現の面白さなど、

同系統の句とは一味違う所を出せたかどうか

選評に貢献しやすいところだったと思います。

②「初挑戦」

何かをはじめて成し遂げた嬉しさや、

あるいはうっかり失敗してしまった時の記憶は、

いつまでもつよく心に残ります。

恋愛や家族の出来事ではなおのことですよね。

そんな人生の大事な一場面の作品も

①と同じくらい多くいただきました。

こちらは、大事な一瞬をどう切り取って見せるか、

短い中で表現するための言葉選びや

効果的に表現する練りこみの経験が光ったところだと思います。

③「番外編」

①や②のような素直にお題に沿った作品が届く中で、

あえて外してひとひねり、という作品も中にはありました。

そういう詠み手の性格が強く出る作品も、

また川柳らしくて面白いところです。

お題にギリギリ沿うかどうか、

あえてエッジを走る方が燃えるという方は、

ぜひ腕を試してみてください。

皆様、ご応募ありがとうございました。

さて、それでは今回の印象に残った言葉・表現のコーナーです。

『Twitter』

ついったー、の読みで5文字と扱っています。

漢字やかな以外の文字を織り込むことで、

作品にふと目が留まる効果を与えますね。

これのほか、USJやDIY、

10000件、9号サイズなどもありました。

『茶を濁す』

使い勝手のいい慣用句です。

お茶つながりでお茶会的な情景をも膨らませやすいと思います。

『掃除洗濯』

家事全般のほか、ご家庭内で繰り広げられる日常や

にぎやかさを想起する言葉です。

『ヒーヒーフー』

ラマーズ法です。

言葉の響きで、真剣さというより

なにやら面白い感じをかもしだしてしまいます。

そのギャップも言葉の魅力かもしれません。

『ギブアップ』

伝統的には、皮肉や当てこすりなどが

川柳の得意とするところではありますが、

それらより直截な分、余裕のない緊急性がより伝わってきます。

そんな話題性のある事情へとつながる言葉です。

『魔女の一撃』

ドイツ語でのぎっくり腰を直訳したものだそうです。

私はまだ経験ありませんが、いずれはきっと……。

ご高齢ならではのトラブルの瞬間を表す言葉ですね。

以上です。

現在、川柳大喜利コンテストは第8回を実施中です。

締め切りは5月27日(土)です。

詳細は、弊社ホームページ上での告知もご参照ください。

皆様のご応募お待ちしております。

以上、担当Hがお送りしました。

皆様、引き続き当コンテストをどうかよろしくお願いいたします。

« »